• 老夫婦
  • 相談
  • 家族
  • 介護

遺産を上手に残す

相続税は、専門家に相談することをオススメします。相続税を軽減する対策をとれるだけでなく、相談することで、相続税の支払いに苦労する事もなくなります。
相続税は、現金での支払いが原則となているため、現金が用意できない場合は苦労してしまいます。
遺産相続の場合、現物資金が増えると課税された税金が高くなり、現金資産が足りなくなるというケースがあります。そうなると、現物資金の売却を考える必要が出てきます。
売却した結果、全体の財産が縮小するということも少なくありません。そうした事態を招かないためには、税理士に相談する必要があります。

人生を終える時、財産は家族のために残したいと思うものです。でも、残した財産に発生した相続税で、逆に家族を苦しめる場合もあります。
そうならないためにも、生前から税理士に相談しておく必要があります。専門家に相談することで、余計な出費を生まないことになります。
財産を必要以上に縮小させないためにも、自分だけで行わずに専門家の力を借りましょう。

遺産を相続するには、様々な方法があります。配偶者控除を利用して引き継げば、遺産の縮小を招きません。
配偶者は相続税の課税で、1億8000万円までは控除されるという決まりがあります。専門家はその決まりを活かして有利に遺産相続を運ばせます。
通常なら、配偶者に半分、子どもや兄弟に残りの半分を均等に分けるのが遺産相続の正しい方法とされています。
配偶者だけに相続させれば、子どもが相続した遺産に税金がかからないように出来る可能性があります。そうした可能性を模索しながら、専門家ならではの損をしない方法で遺産相続を叶えます。

相続税は、基礎控除が引き下げられることにより、今までよりも課税対象が広がるとされています。従来は、法定相続人の人数に1000万円を掛けて、その上に5000万円を加算して基礎控除が出されていました。
これからは、相続人数に600万円をかけて、3000万円を加算した金額が基礎控除額となります。基礎控除額が低下すると、持ち家を持っていても基礎控除が簡単に突破してしまうので、税理士に的確な対策をとってもらう必要があります。

税理士は、土地相続の知識も持ち合わせているので、的確なアドバイスを貰うことが出来ます。不動産の資産価値を、的確に分かっているので、効果的に遺産相続を進めることが出来ます。
税理士によって、相続税の配分は大きく変わるので、的確な査定を行う税理士を見つけるようにしましょう。

おすすめリンク

相続税のシミュレーションをしておけばいざ相続の時に便利【スマート相続】
相続のことならしっかりサポートしてくれる大阪のこちらで!|相続デザイン館
相続税のことを大阪で相談するなら、相続税の専門家にご相談を❘相続税専門センター
相続税のことを京都で相談するなら、無料相談も可能なこちらへ|京都相続支援センター
相続問題なら横浜の駅から近くて便利なコチラがオススメですよ|ことぶき法律事務所

アーカイブ
カテゴリー